Category

カート

Recommend

New arrivals

Search

Profile
鈴木一彦(日本ソムリエ協会認定6744 ワインアドバイザー)
いらっしゃいませ、千倉Winesへようこそ♪

当店は南房総のワインセラー的なショップです。

千倉の潮風にのせてリラックスできるピュアなワイン、
お届け致します。


Blog

Real Shop

RSS
ATOM
マークス・フーバー グリュナー・フェルトリナー・オーベル・シュタイゲン 2008

【オーストリア/トライゼンタール/白/フルーティーな辛口】

グリュナー・フェルトリナー種100% 平均樹齢25年

オーストリアのドナウ河南岸に位置する比較的新しい生産地区「トライゼンタール」。2006年にDACに認定されたばかりの総面積わずか800haの産地です。DAC自体がオーストリアにとって新しい概念で、従来からあったドイツ式の糖度による格付けではなく、フランスのAOCの原産地呼称に準ずる格付けです。現在でもオーストリアで4地区しか認定されていません。
ここでワイン造りを4世代に渡って続けているのがフーバー家です。現在醸造家として活躍するのがマルクス・フーバー氏です。彼は醸造学校卒業後、南アメリカ、ドイツ、アルザス、ハンガリーで修行を終え、2000年にワイナリーを継ぐとすぐに「ニーダーエステルライヒ州チャンピオン2001」を受賞したトライゼンタールきっての超新星の造り手です。2006年には、「インターナショナル・ワイン&スピリッツ2006」で『ベスト・ホワイト・ワイン・プロデューサー』に選ばれ、この「グリュナー・フェルトリナー・オーベル・スタイゲン2006」が金賞を受賞しています。彼は両親からワイン造りを引き継いだ時、ブドウ畑はわずか4haでしたが、現在は40ha。高品質を求める技術が積極的に取り入れられ、今、最も期待される新進気鋭の造り手です。
畑においては、ブドウの特徴に多様性を持たせるためと、土地からもたらせる特性を守るため単一クローンを使用せず、自社畑で優れた古木を接木で増やすやり方をしています。また、窒素を最低限に抑えた有機肥料を必要最小限に与えることで、生物的にも品質的にも優れたブドウを栽培しています。
「オーベル・スタイゲン」とは同名の単一畑の名前です。つまり、このワインはシングル・ヴァンヤードのグリュナー・フェルトリナーということですね。完熟したブドウを、破砕後6時間低温下でスキンコンタクトを行ないます。そして発酵後ステンレスタンクで3ヶ月シュール・リーに熟成させます。スパイシーでハーヴェイシャスな心地よい香りが広がります。味わいは、フレッシュな酸味がアタックしてくると同時に、柔らかい果実味が追随し、同列に並びます。カジュアルラインの「フーゴ・グリュナー・フェルトリナー」と比べると明らかに深みが違います。縦に伸びてくる味わいは、よそのワインではなかなか見られないキャラクターです。マークス・フーバーの看板ワイン、これは特にオススメです♪

販売価格

2,417円(本体2,238円、税179円)

購入数