Category

カート

Recommend

New arrivals

Search

Profile
鈴木一彦(日本ソムリエ協会認定6744 ワインアドバイザー)
いらっしゃいませ、千倉Winesへようこそ♪

当店は南房総のワインセラー的なショップです。

千倉の潮風にのせてリラックスできるピュアなワイン、
お届け致します。


Blog

Real Shop

RSS
ATOM
ラルコ ヴァルポリチェッラ・クラッシコ・スペリオーレ2009

《ダル・フォルノ・ロマーノ》とヴァルポリチェッラの2大双璧を成す巨匠《ジョゼッペ・クインタレッリ》の愛弟子ルーカ・フェドリーゴ氏のカンティーナ《ラルコ》です!!
しなやかさと濃密を合わせ持つベースワインにして傑作!!
これは、押さえるべきワインですね。


L’ARCO Valpolicella Ripasso Classico Superiore 2009
(ラルコ ヴァルポリチェッラ・リパッソ・クラッシコ・スペリオーレ2009)
【イタリア/ヴェネト州/赤/辛口/ミディアム+】

昨今最も注目のヴァルポリチェッラの造り手と言えば真っ先にあがる名前が《ラルコ》でしょう。
ヴァルポリチェッラの巨匠、クインタレッリのもとで経験を積んだルーカ・フェドリーゴ氏のワイナリーと言えば、注目せずにはいられませんね。
まだ設立から数年ながら、ヴァルポリチェッラのワインが受け継いできた伝統をしっかりと継承し、
ヴァルポリチェッラの魅力を見事に伝えるワインを造っています。
「リパッソ」と呼ばれる、陰干しブドウの搾りかすを発酵後に加え、再発酵を促して酒質を高める方法を採用しています。リパッソを行うと、ドライフルーツのようなニュアンスや濃密さを得られます。

外観は、エッジにオレンジ色を帯びた透明感のあるルビー色。粘性は強く、アルコールの高さを想像できます。香り立ちは豊かで開いている印象です。干しブドウ、杏子、キャラメル、若干のアルコール感など。スワリンングしていくとオレンジピールのヒントなど。
味わいは、なめらかで濃密感のある辛口です。酸味は豊富な印象ですが尖った感じはありません。タンニンは溶け込み馴染んでいます。充実した果実味がありますが、引き締まりタイトな印象の果実味です。ミッドからアフターにかけて、どんどん膨らんでいき長い余韻へと繋がっていきます。アフターに感じる甘いフレーバーが、リパッソから得られたヒントなのかもしれません。このワインのアクセントになっている印象です。

《ラルコ》
ワイナリー名、《ラルコ》はアーチを意味する言葉で、数年前までフェドリーゴ氏と家族が住んでいたところの近くにある、「ユピテルの拱門」にちなんでつけられたものです。
サン・ヴィート・ディ・ネグラールにある丘陵に沿ってそびえる7つの拱門のひとつで、彼にとってこの拱門は過去の記憶を呼び起こすものであり、その記憶こそ彼がワインの中に表現したいと願うもの、とのことです。

※実店舗と在庫を共有しているため、ご注文時にご希望数、ご希望ヴィンテージ等にお応えできない場合がございます。詳細は返信メールにてお知らせさせて頂きます。どうぞ宜しくお願い致します。

販売価格

3,542円(本体3,280円、税262円)

購入数